• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 ドリル基礎 』 内を 「 管用タップの工具径と配管規格 」 で文章検索した結果

12件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • センタリング径について

    センタリングするスターティングドリルの先端角が、加工ドリル先端角以上の場合は 加工ドリルの70%程度が理想です。 加工ドリル先端角より小さい場合はドリル25%以下に選定される事を推奨します。 詳細表示

    • No:7700
    • 公開日時:2020/06/19 14:00
    • 更新日時:2021/01/15 15:10
  • ルーマ型シャンク

    径とシャンクが同じストレートシャンクと違い、 シャンクはストレートだが刃径とシャンクが違うシャンク形状の事。 一般的にシャンクは太い傾向にあり剛性が向上している。 参考資料・ルーマ型シャンク 詳細表示

    • No:7629
    • 公開日時:2020/06/09 09:39
    • 更新日時:2021/01/15 14:46
  • 回転速度 回転数 とは

    工具が1分間に何回転するかという意味になります。 詳しくは参考資料を確認ください ・参考資料 回転速度 回転数 詳細表示

    • No:7759
    • 公開日時:2020/07/06 08:07
    • 更新日時:2020/10/09 07:59
  • 切削速度の意味は

    切削速度とはドリルの最外周部分が1分間に何メートル動いたかになります。 詳しくは参考資料を確認願います。 ・参考資料 切削速度 詳細表示

    • No:7757
    • 公開日時:2020/07/06 07:50
    • 更新日時:2021/04/26 15:00
  • ドリルの送り速度とは

    送り速度とは1分間に工具がどれだけ移動するかという事になります。 計算方法については参考資料を確認願います。 ・参考資料 ドリル送り速度 詳細表示

    • No:7758
    • 公開日時:2020/07/06 07:54
    • 更新日時:2021/04/26 14:56
  • 溝長とは

    溝長とはドリル先端から溝の終わりまでの長さになります。また加工穴深さニ対する溝長の選定は切りくずを排出するスペースを確保する為に、溝長=穴深さ+(1.5Xドリル)以上必要になります。 参考資料・溝長に対する加工深さ 詳細表示

    • No:7622
    • 公開日時:2020/06/09 07:53
    • 更新日時:2020/11/09 11:26
  • テーパシャンク

    従来、シャンク部はストレートだがテーパになっているシャンクの事になります。(ほとんどがタング付き) 参考資料・テーパシャンク 詳細表示

    • No:7628
    • 公開日時:2020/06/09 09:30
    • 更新日時:2021/04/26 15:06
  • ハイスロングドリルの加工方法

    EX-GDXLについてはセンタリングもしくはガイド穴を行ってから加工願います。 ステップ量については0.5Dから3D程度に設定願います。 なお、TDXLについてはPDF資料を確認願います。 ・参考資料 スラスタードリル加工方法 詳細表示

    • No:7761
    • 公開日時:2020/07/06 13:36
    • 更新日時:2021/04/26 15:04
  • 溝フォームについて

    溝フォームについては加工する被削材や穴深さなどにより様々な溝フォームが使用されます。 代表的な溝フォームついて添付資料にて紹介します。 参考資料・溝フォーム種類 詳細表示

    • No:7741
    • 公開日時:2020/06/29 07:47
    • 更新日時:2021/01/15 13:56
  • バックテーパとは

    ドリルの外径を先端からシャンクに向けて細くしていき、切削中に穴の内面との摩擦を避ける為につけてあるテーパの事になります。(ハイスでは0.04~0.14/100ぐらい) 参考資料・バックテーパとは 詳細表示

    • No:7623
    • 公開日時:2020/06/09 07:58
    • 更新日時:2021/06/29 07:46

12件中 1 - 10 件を表示