• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ソリッドドリル 』 内のFAQ

50件中 31 - 40 件を表示

4 / 5ページ
  • リーディングドリルの側面加工(LDSシリーズ)

    リーディングドリルはZ軸方向の切削のみです。 側面に走ることはできません。 横方向の面取りカッター(VP‐SCCやHSCTシリーズ)をお使い下さい。 リーディングドリル(LDSシリーズ)で横引きによって面取りを行うと、耐久が悪く、欠けがよく発生してしまいます。 詳細表示

  • パイプ材穴加工 抜け際のばり

    抜け際のばりには、フラットドリルが有効です。ADF-2Dをおすすめ致します。 ADFシリーズの他にも、抜け際の送りを半分に落とす、ドリルの肩にR面取りをする、等が有効です。 ▽参考資料:抜け際のばりが出にくいフラットドリル ・ ドリルの質問一覧に戻る 詳細表示

  • EX-H-DRLでドリルを除去

    お奨めしておりません。 ドリルとタップでは、被削材に食い込む箇所が異なります。 折れ込んだドリルは、芯を除去してもタップのように外すことができません。 ドリルが折れ込んだ際は、ほかの方法をお勧め致します。 ・ドリルの質問一覧に戻る 詳細表示

  • センタリングの有無

    穴位置精度が厳しい要求や斜面、球面への加工でなければ、センタリングは必ずしも必要ではありません。 ▽参考資料: センタリングについて考えてみよう 詳細表示

  • 折損ドリルの除去法

    放電加工で対応するのが一般的です。 切削にて対応は難しいとお考え下さい。 ▽参考資料: ドリルが折れ込んでしまった 詳細表示

  • ルーマ型ドリル

    ルーマ型とは、同径シャンクではなくシャンク太の形状であり、EX-GDS、GDR、もしくはEX-SUSシリーズのドリル等が該当します。 ▽参考資料: ルーマ型シャンクの特徴 詳細表示

    • No:710
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2019/03/27 15:04
    • カテゴリー: ドリル製品仕様
  • センタードリル

    センタリング加工用のリーディングドリルシリーズをご検討下さい。 JIS規格にある「センタードリル」は弊社取扱いはございません。 ▽参考資料: リーディングドリル 詳細表示

    • No:709
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2019/03/27 15:05
    • カテゴリー: ドリル製品仕様
  • SH-DRL

    はい。廃盤となり、後継品はWH70-DRLとなります。 詳細表示

  • ドリル加工時にかかるスラストの計算式

    ドリル加工における切削トルクとスラストの算出に関しては、実験的研究のほか、これらから導いた簡易な算式、図、表があります。良く引用されるNATOCOの推奨計算式を紹介しますが、これは心厚やシンニングの違いを加味しているものではありません。 ▽参考資料: 穴加工 トルク、スラスト、切削動力 詳細表示

  • ドリル溝長の違いによる穴位置精度の差

    一般加工用ハイスドリルスタブ形のEX-GDSと、GDSより溝長が長いレギュラ形GDRを比較し、同材料にて同条件で加工した場合の穴位置精度の比較をしていますので、ご参考になさって下さい。 ▽参考資料: 穴位置精度の違い ・ドリルの質問一覧に戻る 詳細表示

50件中 31 - 40 件を表示