• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ソリッドドリル 』 内のFAQ

50件中 21 - 30 件を表示

3 / 5ページ
  • 面取りを兼ねたセンタリング

    センタ-なしで面取りを後に回してください。 ドリル中心が当たらず肩からあたって振れています。 ×ドリルが肩からあたって、食いつきはじめに振れてしまっている状態 ○ドリルが肩から当たりはじめないような工夫 詳細表示

  • シンニングとは

    シンニングとは、ドリルの先端のチゼルエッジ(切れ刃でない部分)を薄くすることで、ドリルの中心まで刃を施す処理のことです。 スラスト抵抗を下げ、ドリルを被削材にねじ込みやすくします。 また、切りくずを細かく分断し、排出しやすくする効果もあります。 ▽参考資料: シンニングとは ▽参考資料: ... 詳細表示

    • No:724
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2020/01/31 14:31
    • カテゴリー: ドリル製品仕様
  • プレインシャンク

    切りかけのない丸いシャンクです。 EX‐HO‐GDRΦ12以下に採用されております。 ・ドリルの質問一覧に戻る 詳細表示

    • No:723
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2020/01/31 14:32
    • カテゴリー: ドリル製品仕様
  • A5052切屑での穴傷<座ぐり>

    A5052のような展延性のある被削材では、ステップ以外での切屑が分断ができません。 G73 ピックフィードで工具を加工面から離す事で、切屑を細かく分断して加工して下さい。 詳細表示

  • ドリル穴がおにぎり状になる。

    ドリルの振れが原因と考えられます。 ①工具取り付け時の振れ。 対策:取り付け振れ精度20μm(0.020mm)以内に収める。 ②再研磨時のドリルのリップハイト(左右の切れ刃高さのばらつき)が大きい。 対策:再研磨の見直し ③食いつきはじめに振れている。 対策:回転あたりの送りを上げて、... 詳細表示

  • 面取り角度

    ドリルの先端角は、必ずしもそのままワークに転写されるわけではございません。 口元の面取り角度は加工すると、ドリルの先端角よりも小さめになる傾向があります。 厳しい角度公差を求める場合は、それに合わせた特殊品対応が必要です。 当社営業へご相談ください。 ※ 工具の特殊品を依頼するには... 詳細表示

  • センタリング径の考え方

    ドリル径の7割が目安です。 センタリングをドリルの先端角より小さい角度で行う場合、ドリルが肩から当たらないような径の設定になります。 詳細表示

  • センタリング後のドリルの位置ずれ

    ドリルの肩から被削材に当たりはじめると、うまく穴位置を出すことができません。 面取りとセンタリングは分けて加工してください。 また、先端角がドリルと同じ、もしくはドリルの先端角より大きい角度のリーディングドリルをお使いください。 ▽参考資料: センタリングのコツ 詳細表示

  • リーディングドリルとVカットエンドミルの使い分け

    横引き加工では、VカットエンドミルのVCMシリーズが向いています。 穴面取り加工では、リーディングドリルのLDSシリーズが向いています。 ・ドリルの質問一覧に戻る 詳細表示

  • リーディングドリルの先端の形状は?全長の誤差?

    先端角が90度とはいえ、工具先端部にはチゼルエッジがあると同時に、先端角に±1°の許容差があります。 よって、計算上の先端部までの長さと実寸法に違いが出ます。 先端角60°のリーディングドリルでは、チゼルエッジ潰れ防止の為、 最小下穴径より内側の中心部のみ120°になります。 その他、先端... 詳細表示

    • No:716
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2020/01/20 15:56
    • カテゴリー: ドリル製品仕様

50件中 21 - 30 件を表示