• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 一般タップ加工 』 内のFAQ

20件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • VX-OTにて食付き部の欠け

    めねじ深さが深いので、1D深さに達した後に1回ステップ加工をし御対応下さい。 詳細表示

    • No:473
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • FC250加工で耐久向上

    CPM-HTシリーズを御検討下さい。切りくずが細かくなる材料のため、SFT形状では、切りくずが溝に沿って上がっていきにくく、推奨いたしません。 詳細表示

    • No:476
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • アルミ加工でのむしれ

    クーラント潤滑不足による切りくず排出が困難な状況かと思われます。タップサイクルでステップを行うか、LW-SFTの使用も御検討ください。 詳細表示

    • No:478
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 左ねじ用タップの加工

    左側に刃がついているので逆回転ではないと切削できません。 詳細表示

    • No:456
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 旋盤でのタップ加工

    同一条件で結構ですが、A-SFTで対応可能な材料硬度は30HRCまでとなります、硬度を確認の上、タップを選定下さい。 詳細表示

    • No:475
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 薄板用ポイントタップでのねじ加工可否

    ワーク剛性などにもよりますが、単純計算で1.6mm厚の材料に約2.2山ねじ山が加工出来る話になります。 ねじが機能するかの話であれば、理想としてはもう少し厚み(最低でも3山)がある事をお薦めしています。 詳細表示

    • No:890
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/12/23 13:57
  • 折損した転造タップの除去ハードドリルは使えるか?

    転造タップでは、切削タップのような切りくず排出のための広い溝が無いため、芯を取りきれずタップを除去することができません。 また、転造タップが使われる被削材が比較的やわらかいアルミなので、ハードドリルでの加工でねじをつぶしてしまう可能性があります。 詳細表示

    • No:917
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/05/17 14:19
  • パイプ材のめねじ加工

    軟鋼用STL-TPT PT1/8をお奨めします。また水溶性の切削油エマルションであれば、出来るだけ濃い目の濃度でご使用下さい。 ▽参考資料 :   軟鋼用テーパタップ  詳細表示

    • No:455
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 15:03
  • SUS304でのタップ折損

    切りくずを噛んでの折損と考えますので、切削条件を5~8m/minへと変更し、切りくず形状の安定化を図って下さい。それでも問題が解決できなれば、切りくずの出ない溝なしタップの検討をお願いします。 詳細表示

    • No:474
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 同期送り機構付き設備なのに、山やせが起きる。なぜ?

    同期送り機構付き設備と、フローティングタッパーを同時に使っていませんか? 機械側が1回転1ピッチを調整しても、加工時の負荷でタッパーがフロートしてしまい、タップの送りがずれてしまいます。 同期送り機構付き設備でタップ加工する際は、フロートしないダイレクトチャックか、同期送りを邪魔し... 詳細表示

    • No:8159
    • 公開日時:2020/10/21 15:09

20件中 1 - 10 件を表示