• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Aタップ全般 』 内のFAQ

24件中 11 - 20 件を表示

2 / 3ページ
  • Aタップの再研磨<Aタップ>

    特殊な刃先仕様のため再研磨はお奨めしていません。 詳細表示

    • No:617
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • Aタップの価格比較

    粉末ハイスを採用しながらも従来品(TIN-SFT)と同等価格ですので、加工コスト削減に繋がります。▽参考資料:Aタップ 詳細表示

    • No:606
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • Aタップ、推奨加工範囲

    SS、S45C、SUS は推奨ですが、FCのみ推奨外です。 切りくずがつながり、30HRC以下の硬度の材料で使用可能です。 切削条件も従来品と比べ幅広く対応している為、様々な加工機でご利用いただけます。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:601
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/06/10 18:17
  • Aタップでの非同期加工

    性能安定化には同期加工が良いですが、非同期の環境でも使用可能です。 ▽参考資料:Aタップシリーズ加工事例 詳細表示

    • No:597
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • Aタップ、ボール盤での使用

    使用できますが、より性能を引き出すには送りの安定化が必要です。▽参考資料:Aタップ 詳細表示

    • No:594
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • AタップでSUS加工

    可能です。 詳細表示

    • No:585
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • Aタップシリーズのオーバサイズ<Aタップ>

    ございます。Aタップのシリーズでは、幅広いオーバサイズの揃えがございます。 ▽参考資料:オーバサイズ充実のAタップシリーズ 詳細表示

    • No:623
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:54
  • Aタップの使用メリット

    切りくず処理の優位性と、粉末ハイス母材の採用による長寿命化が期待できます。▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:609
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • Aタップ、高硬度材加工

    30HRCまでの材料硬度に対応可能です。▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:600
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • Aタップでのアルミ加工

    切りくず処理性能が優れますので、従来コーティングタップよりも向きます。 アルミ加工がメインの場合はアルミ専用タップをお勧めします。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:599
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 10:58

24件中 11 - 20 件を表示