• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 Aタップ 』 内を 「 ゲージについて質問をまとめま 」 で文章検索した結果

4件中 1 - 4 件を表示

1 / 1ページ
  • S-XPFトルク低減のメリット

    貫通穴の抜け際のばりが抑制されます。 ▽参考資料 :低トルクのメリット S-XPFについての質問一覧へ戻る。 Aタップに関する質問一覧に戻る。 詳細表示

  • A-POT S50C 耐久データ

    他社品の場合は2965穴で通りゲージOUTに対し、従来品は3916穴にて折損、A-POTは4947穴にて損傷大に至りましたが、大きな寿命向上が得られました。 ▽参考資料 : 耐久データ 詳細表示

    • No:592
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: A-POT
  • A-SFTでの深穴加工への対応は可能?

    A‐SFTは深穴加工用ではありません。 被削材が炭素鋼で、ねじたて長さが径の2倍を超える場合は、MS‐DH‐SFTをお使いください。 ▽参考資料: 軟鋼・深穴用スパイラルタップ 詳細表示

    • No:629
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/12/18 16:52
    • カテゴリー: A-SFT
  • S-XPFにて熱硬化性樹脂加工

    S-XPFに限らず、溝なしタップシリーズにて熱硬化性樹脂にはおすすめしておりません。材料の特性として、展延性に乏しいため、塑性変形ではめねじを形成することは出来ず、切削タップ「EX-PLA-HT」をおすすめします。 ▽参考資料: 熱硬化性樹脂加工 詳細表示

4件中 1 - 4 件を表示