• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Aブランド 』 内のFAQ

169件中 1 - 10 件を表示

1 / 17ページ
  • S-XPF加工可能硬度

    目安として、35HRC以下までを加工可能とします。 詳細表示

  • S-XPFにて熱硬化性樹脂加工

    S-XPFに限らず、溝なしタップシリーズにて熱硬化性樹脂にはおすすめしておりません。材料の特性として、展延性に乏しいため、塑性変形ではめねじを形成することは出来ず、切削タップ「EX-PLA-HT」をおすすめします。 ▽参考資料: 熱硬化性樹脂加工  詳細表示

  • S-XPFの切削条件

    加工負荷の少なさから、ステンレスを除く被削材においては、従来品に比べ2倍近い速さでの使用が可能です。 ▽参考資料:S-XPF紹介 詳細表示

  • S-XPF SCM440(35HRC) 内部給油での耐久データ

    M10X1.5 ねじ立て長さ20mmの加工事例にて、従来品外部給油では1穴であった所、他社品内部給油にて200~421穴の耐久に対し、OIL-S-XPFは2704~2950穴加工が可能でした。35HRCという材料硬度に対し、低トルク仕様の性能が大きく発揮されました。S-XPFの使用で、転造タップの加工領域が拡がり... 詳細表示

  • 小径ねじが多い材料へのS-XPFの採用

    M1X0.25 ねじ立て長さ2mmの加工事例にて、SCM440(35HRC)は3307穴、SUS420(30HRC)、SPCC、C2801(真鍮)については、10000穴の耐久、かつ継続可能となりました。  ▽参考資料:  耐久データ  詳細表示

  • S-XPF SS400 大径ねじ加工データ

    M45X4.5 ねじ立て長さ36mm加工事例にて、加工可能であるという実績がございます。加工トルクは換算値で674N・m、水溶性切削油の他、ペーストでも加工可能でした。耐久面での実用性は今後の課題ですが、従来の転造タップでは無理でった大径ねじの転造タップ加工へ、S-XPFの可能性を更に追求します。  ▽参考... 詳細表示

  • S-XPF SCM440(35HRC) 耐久データ

    M6X1 ねじ立て長さ16mm加工時の事例にて、従来品が117~223穴の耐久に対し、S-XPFは600穴前後の加工が可能でした。35HRCという材料硬度への転造タップ加工に、S-XPFの採用で加工コスト削減を実現します。  ▽参考資料:  耐久データ  詳細表示

  • Aタップ、ボール盤での使用

    使用できますが、より性能を引き出すには送りの安定化が必要です。▽参考資料:Aタップ 詳細表示

  • Aタップの使用メリット

    切りくず処理の優位性と、粉末ハイス母材の採用による長寿命化が期待できます。▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

  • A-SFTでの~立形機械~での深い止り穴加工<Aタップ>

    立形機械における止り穴加工では2D以内を目安にして下さい。2D超えの場合は推奨しません。 ※別途ねじ長の短い深穴用SFTをお使いください。 軟鋼・深穴用スパイラルタップ:MS-DH-SFT 非鉄合金・深穴用スパイラルタップ:EX-B-DH-SFT ステンレス鋼・深穴用:SUS-DH-SFT... 詳細表示

    • No:613
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:59
    • カテゴリー: A-SFT

169件中 1 - 10 件を表示