• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Aブランド 』 内のFAQ

169件中 51 - 60 件を表示

6 / 17ページ
  • S-XPF ショートチャンファータイプ

    S-XPFにてご用意はありませんが、同じ溝なしタップシリーズにて、サイズは限定されますが、食付き1Pとなる「VP-SC-NRT」がございます。 ▽参考資料 :   ショートチャンファータイプ  詳細表示

  • AE-VMFEの再研可否

    再研磨は可能です。 性能確保のため、再コーティングもあわせて推奨いたします。 再研磨・再コートをご希望の際は、商社様を通じて弊社営業所までお見積り下さい。 ・ 各種製品・サービスに関する価格・納期の見積書発行依頼をするには? ・ AE-VMシリーズの... 詳細表示

    • No:9337
    • 公開日時:2021/06/17 00:00
    • カテゴリー: AE-VMFE
  • ADF-2D,ADFO-3Dのバックテーパ量<ADF・ADFO>

    断続切削などに対応する為、0.45~0.50/100と強くなってます。 詳細表示

    • No:4445
    • 公開日時:2019/12/13 13:56
    • カテゴリー: ADF・ADFO
  • SKDは推奨被削材?<AT-1>

    被削材の粘りが大きく、溶着やチッピングを起こしやすいためです。 詳細表示

    • No:4436
    • 公開日時:2019/12/13 13:28
    • カテゴリー: AT-1
  • 立ち壁や座ぐり穴の奥への対応<Aタップ>

    立ち壁付近や座ぐり穴の奥のタッピングでは、切りくずが干渉してシャンクに巻きつきます。 切削タップではなく、切りくずの出ない転造タップをご使用下さい。 ▽参考資料:低トルクで高寿命の転造タップS-XPFシリーズ 詳細表示

    • No:628
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:51
    • カテゴリー: A-SFT
  • A-SFTでの~横形機械~での深い止り穴加工<Aタップ>

    A-SFTの横形機械による止り穴加工では1.5D以内を目安にして下さい。1.5D超えの場合は推奨しません。 ※別途ねじ長の短い深穴用SFTをお使いください。 軟鋼・深穴用スパイラルタップ:MS-DH-SFT 非鉄合金・深穴用スパイラルタップ:EX-B-DH-SFT ステンレス鋼・深穴用... 詳細表示

    • No:614
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:58
    • カテゴリー: A-SFT
  • Aタップ、推奨加工範囲

    SS、S45C、SUS は推奨ですが、FCのみ推奨外です。 切りくずがつながり、30HRC以下の硬度の材料で使用可能です。 切削条件も従来品と比べ幅広く対応している為、様々な加工機でご利用いただけます。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:601
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/06/10 18:17
    • カテゴリー: Aタップ全般
  • S-XPFでステンレスの切削条件

    加工負荷の少なさから、ステンレス加工では、従来品に比べ1.5倍程度の速さで使用が可能です。 ▽参考資料:S-XPF紹介 詳細表示

  • S-XPFの下穴径

    S-XPFを含め、溝なしタップシリーズのオーバサイズを使用する場合、STDの推奨下穴径の値を基準に1ランクオーバごとに+0.013加えるとよいでしょう。あくまで目安ですので実際の仕上り具合を確認しながら調整ください。 詳細表示

  • AE-VMシリーズ ライトアングルタイプ(RA)の再研磨

    AE-VMシリーズ ライトアングルタイプ(RA)の再研磨はできません。 詳細表示

    • No:7850
    • 公開日時:2020/09/09 00:00
    • 更新日時:2020/09/09 10:58
    • カテゴリー: AE-VMS

169件中 51 - 60 件を表示