• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Aブランド 』 内のFAQ

169件中 91 - 100 件を表示

10 / 17ページ
  • 超硬フラットドリル ADFとは?

    超硬フラットドリル ADF・ADFOシリーズがございます。 ADFシリーズは、先端フラット形状の汎用超硬ドリルです。 幅広い被削材に対応し、座ぐり穴をはじめ、様々な加工用途でお使いいただけます。 参考資料: フラットドリルとは? ADFの特長 ・シンニング入組... 詳細表示

    • No:5424
    • 公開日時:2020/01/23 17:00
    • 更新日時:2020/01/24 10:46
    • カテゴリー: ADF・ADFO
  • 半割れ加工は可能か?<ADF・ADFO>

    半割れ加工は可能です。 詳細表示

    • No:4452
    • 公開日時:2019/12/13 14:05
    • カテゴリー: ADF・ADFO
  • ADO-SUSドリルはセンタリングは必要か?

    センタリングが無くても加工は可能です。ただし、位置精度の指示がある場合、また、不安定な加工面に加工をする場合は、センタリングが必要です。 詳細表示

    • No:797
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • カテゴリー: ADO-SUS
  • Aタップの使用メリット

    切りくず処理の優位性と、粉末ハイス母材の採用による長寿命化が期待できます。▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

  • Aタップ、生材と調質材の共用可否

    Aタップであれば生材から30HRCまでの加工に共用が可能です。 30HRCを超える硬度の被削材には、その硬さに相当したタップの選定が必要です。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:602
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 10:57
    • カテゴリー: A-SFT
  • Aタップ、高硬度材加工

    30HRCまでの材料硬度に対応可能です。▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

  • Aタップでのアルミ加工

    切りくず処理性能が優れますので、従来コーティングタップよりも向きます。 アルミ加工がメインの場合はアルミ専用タップをお勧めします。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:599
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 10:58
    • カテゴリー: Aタップ全般
  • Aタップでの高速化加工

    切削速度15m/min以上の加工では同期送り機構付機械での加工を推奨します。▽参考資料:Aタップシリーズ(WEB講習会) 詳細表示

  • SUS304とS45Cの工具共有

    Aタップシリーズをご検討下さい。切削条件は加工材料によって、また使用する機械によっても使い分け下さい。 ▽参考資料 :   小径加工データ  ▽参考資料 :   切削条件基準表  詳細表示

    • No:590
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/03/22 11:35
    • カテゴリー: Aタップ全般
  • S-XPF SCM440(35HRC) 内部給油での耐久データ

    M10X1.5 ねじ立て長さ20mmの加工事例にて、従来品外部給油では1穴であった所、他社品内部給油にて200~421穴の耐久に対し、OIL-S-XPFは2704~2950穴加工が可能でした。35HRCという材料硬度に対し、低トルク仕様の性能が大きく発揮されました。S-XPFの使用で、転造タップの加工領域が拡がり... 詳細表示

169件中 91 - 100 件を表示