• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ワーク材料 』 内のFAQ

37件中 11 - 20 件を表示

2 / 4ページ
  • ハステロイの加工<耐熱合金>

    ハステロイにも硬いもの硬くないものがあります。時効処理(熱処理)前や時効処理をしないものはステンレス用工具の使用、時効処理済のものは耐熱合金用工具の使用をお薦めします。 詳細表示

    • No:382
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • C1100(タフピッチ銅)への加工

    切れ味の良い工具をお選び下さい。銅用シリーズはもちろん、アルミ用、ステンレス用など御検討下さい。コーティングタイプも有効です。 詳細表示

    • No:894
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • カテゴリー: 非鉄金属
  • ステンレス用ねじ切り丸ダイス

    標準品はその通りです。ねじ切り丸ダイスにてステンレスを加工する場合、工具の母材をSKSでなくHSS(ハイス)にて選定することで、ステンレスに対応可能な場合もあります。但し、溶着を防止するホモ処理を修正にて乗せられるとより寿命も期待出来るかと思います。 詳細表示

    • No:356
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • カテゴリー: SUS
  • チタン材料の加工に適した油剤<耐熱合金>

    切削油剤は工具摩耗や温度に応じた選定が必要です。 ドリルとエンドミルにおいて、比較的高い切削条件では、冷却効果が必要とされるため水溶性切削油が推奨。 タップ加工で切削油剤に求められる性能は潤滑性なので、不水溶性が推奨です。 また、中には油剤と反応して変色するものもございますので、確認が必要です。 詳細表示

    • No:384
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • ステンレスの種類<SUS>

    日本工業規格のJIS、国際規格のISO15510、欧州規格のEN、アメリカ規格のUNSやAISI、中国規格のGBで、ステンレス相当表がございます。 下記リンクより、鋼種Noをご確認いただき、その項目の切削条件表をご参考下さい。 ADO-SUSシリーズ、EX-SUSシリーズ、NEXUSシリーズの切削条件... 詳細表示

    • No:342
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/20 14:24
    • カテゴリー: SUS
  • チタン材料の切削条件<耐熱合金>

    チタン材料の切削条件を設定する際に注意するのは、熱の発生です。 対策として切削速度を低く設定することが有効です。 工具の摩耗を抑える意味でも、切削温度が高くならないように調整が必要です。 詳細表示

    • No:383
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • EX-GDRにてステンレス加工条件

    本来ステンレスを加工する場合、「EX-SUS-GDR」をご紹介しますが、まずはそのステンレス用ドリルの加工条件を御参考に加工下さい。 詳細表示

    • No:357
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • カテゴリー: SUS
  • ADO-SUSシリーズでの超耐熱合金加工

    お勧めしません。超硬オイルホール付きドリルの「WHO55-5D」をお勧めします。 詳細表示

    • No:377
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • 耐熱合金加工における超硬ドリル選定のポイントは?<耐熱合金>

    超硬ドリルでは、35HRC以下の耐熱合金、または耐熱鋼にはADO-SUSシリーズなどのステンレス用。35HRCを超える硬質の耐熱合金には、WHO55-5Dなどの高硬度用ドリルをお薦めいたします。いずれにしても超硬ドリルは冷却性に優れた内部給油仕様が必要です。 ▽参考資料:ADO-SUSシリーズカタログ ... 詳細表示

    • No:375
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/28 15:22
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • 真鍮とは?

    銅合金で結構です。 詳細表示

    • No:885
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/07/03 11:56
    • カテゴリー: 非鉄金属

37件中 11 - 20 件を表示