• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 ワーク材料 』 内を 「 芯出し用ツール セントロ 」に関 」 で文章検索した結果

6件中 1 - 6 件を表示

1 / 1ページ
  • チタン材料におけるエンドミルの選定と加工の特徴は?<耐熱合金>

    チタン材料は熱伝導率が小さく、局所的温度が上昇しやすい傾向あります。工具への影響として、摩耗が進行しやすいです。チタンの切削抵抗は変動が大きく、工具欠損の原因なりやすいです。オーエスジーでは、チタン合金対して有効なエンドミルがございます。例として、UVXシリーズ。NEOシリーズ等。純チタン対しては、SUS用 詳細表示

    • No:381
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2022/05/13 15:03
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • ステンレスを加工できるインサートねじ用タップはある?<SUS>

    A-SFT HLは、ステンレス鋼も対応可能です。 その他、SS材・炭素鋼・合金鋼・アルミ等、幅広い被削材お使いいただけます。 ▽参考資料:一般鋼、SUS対応のヘリサートタップ 詳細表示

    • No:344
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2022/07/13 13:14
    • カテゴリー: SUS
  • 耐熱合金の切削速度がほかの被削材より低いのはなぜ?

    耐熱合金は熱伝導率が低く、切りくず熱がうつりにくい性質を持ちます。そのため、刃先熱が残りやすいので、熱よるトラブルが発生しやすいです。対策として、熱の発生を抑える低めの切削速度が有効です。ただし、送り量に関しては必要以上条件を落とすと加工硬化を誘発させてしまう為、注意が必要です。 詳細表示

    • No:386
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2022/06/24 09:50
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • ステンレス鋼の種類 SUS304 SUS329 SUS630

    処理状況より硬さなどの性質が異なる。 求められる工具は、耐熱合金用の仕様と条件が必要。 SUS631は、特に溶着を起こしやすい。 タップ加工では、15-5PHはAタップが対応できたデータがございます。 ※A-TAPシリーズ 15-5PH 加工データ インデキサブルツールの高送りカッタ 詳細表示

    • No:341
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2022/06/17 11:44
    • カテゴリー: SUS
  • 通常のSUS用タップではどれくらいの有効ねじ長さを加工できる?どれくらいか...

    通常のSUS用のタップでは、スパイラルタップ・ポイントタップとも、ねじ径の1.5~2倍の深さまでの深さが対象です。 それ以上の長さの場合は、深穴用の仕様をおすすめ致します。 ▽参考資料:SUS用深穴タップ 詳細表示

    • No:346
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2022/07/13 14:04
    • カテゴリー: SUS
  • ステンレスの深穴加工用のドリルは?

    現在、一本で10D程度の深穴加工が出来るドリルはございません。 標準品では、ADO-SUSシリーズやEX-SUS-GDR等、加工穴深さ5D程度までのものとなります。 ▽参考資料:超硬油穴付きSUS用ドリルADO-SUSシリーズ ▽参考資料:ステンレス・軟鋼用レギュラ型ハイスドリルEX-SUS-G... 詳細表示

    • No:350
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2022/02/07 16:29
    • カテゴリー: SUS

6件中 1 - 6 件を表示