• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 ワーク材料 』 内を 「 プローブ先端の材質は?<3Dセン 」 で文章検索した結果

16件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 耐熱合金の切削速度がほかの被削材より低いのはなぜ?

    耐熱合金は熱伝導率が低く、切りくずに熱がうつりにくい性質を持ちます。そのため、刃先に熱が残りやすいので、熱によるトラブルが発生しやすいです。対策として、熱の発生を抑える低めの切削速度が有効です。ただし、送り量に関しては必要以上に条件を落とすと加工硬化を誘発させてしまう為、注意が必要です。 詳細表示

    • No:386
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2022/06/24 09:50
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • 一般的に被削材のステンレスって、どんなものがあるの?<SUS>

    SUS304に代表されるオーステナイト系、強い磁性を持つSUS405などのフェライト系、メスなどの医療器具などに使用される熱処理可能なSUS420などのマルテンサイト系、強度に優れ耐熱鋼として使用されているSUS630などの析出硬化系、さらには近年オーステナイト相とフェライト相からなる塩化物環境下での耐食性と強度... 詳細表示

    • No:349
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • カテゴリー: SUS
  • ADO-SUSドリルのステンレス以外の適応被削材

    35HRC以下のチタン合金などの耐熱合金もカバーしています。 詳細表示

    • No:378
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • 真鍮とは? C3604

    「真鍮C3604」は、カタログの工具の被削材対応表の銅合金欄をご参照ください。 詳細表示

    • No:885
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2022/06/21 16:05
    • カテゴリー: 非鉄金属
  • ステンレスを加工できるインサートねじ用タップはある?<SUS>

    A-SFT HLは、ステンレス鋼にも対応可能です。 その他、SS材・炭素鋼・合金鋼・アルミ等、幅広い被削材にお使いいただけます。 ▽参考資料:一般鋼、SUS対応のヘリサートタップ 詳細表示

    • No:344
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2022/07/13 13:14
    • カテゴリー: SUS
  • 熱可塑性樹脂のドライ加工<樹脂>

    基本的にドライ加工はお奨めいたしません。 アクリルなどはエアブローをお奨めいたします。 また切削油をご使用の際は、油の種類によって被削材と反応してしまうものもございますので、油剤メーカー様と打ち合わせをお願い致します。 詳細表示

    • No:961
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/03/28 14:46
    • カテゴリー: 樹脂
  • チタン加工におけるタップ選定のポイントは?<耐熱合金>

    チタンには純チタン(チタン2種など)とチタン合金(Ti-6Al-4Vなど)の二種類があります。まず、純チタンの場合、被削材硬度が高くないので切れ味の良いステンレス用タップまたはAタップをお薦めいたします。チタン合金の場合は、被削材硬さが30HRCを超えるものが多いため、難削材用のCPMタップシリーズやチタン合金用 詳細表示

    • No:373
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/28 15:47
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • ステンレスに推奨のエンドミルには、どんなものがある?

    、ハイスエンドミルではV-XPMシリーズ、TINコーティングシリーズなどです。 ▽参考資料:超硬エンドミル形状別 被削材対応表 スクエア ボール コーナR ラフィング・テーパ・座ぐり・面取り・CFRP ▽参考資料:ハイスエンドミル形状別 被削材対応表 詳細表示

    • No:351
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2022/02/07 16:23
    • カテゴリー: SUS
  • ADFシリーズでのステンレス加工

    ステンレス加工には、ADFO-3D のタイプをお勧め致します。 面取り座ぐり用工具カタログ 詳細表示

    • No:355
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:44
    • カテゴリー: SUS
  • ステンレスの加工硬化とは?<SUS>

    状態になります。 一度凝縮されると原子の並びは簡単には元通りにはなりません。 仮に形を元に戻しても、凝縮されたままなのです。 切削の場合では刃物と被削材の擦りと言う現象がこの加工硬化を生み出します。 特に切削速度の速い超硬工具では条件を間違えるとあっと言う間に表面が硬化してしまいます。 加工硬化を 詳細表示

    • No:1118
    • 公開日時:2019/03/15 16:49
    • 更新日時:2019/03/15 16:53
    • カテゴリー: SUS

16件中 1 - 10 件を表示