• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 ワーク材料 』 内を 「 ☆切削条件の計算方法をまとめました。条 」 で文章検索した結果

13件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • チタン材料の切削条件<耐熱合金>

    チタン材料の切削条件を設定する際に注意するのは、熱の発生です。 対策として切削速度を低く設定することが有効です。 工具の摩耗を抑える意味でも、切削温度が高くならないように調整が必要です。 詳細表示

    • No:383
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • 耐熱合金の切削条件<耐熱合金>

    耐熱合金は熱伝導率が低く、切りくずに熱がうつりにくい性質を持ちます。そのため、刃先に熱が残りやすいので、熱によるトラブルが発生しやすいです。対策として、熱の発生を抑える低めの切削速度が有効です。ただし、送り量に関しては必要以上に条件を落とすと加工硬化を誘発させてしまう為、注意が必要です。 詳細表示

    • No:386
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • ステンレスの種類<SUS>

    日本工業規格のJIS、国際規格のISO15510、欧州規格のEN、アメリカ規格のUNSやAISI、中国規格のGBで、ステンレス相当表がございます。 下記リンクより、鋼種Noをご確認いただき、その項目の切削条件表をご参考下さい。 ADO-SUSシリーズ、EX-SUSシリーズ、NEXUSシリーズの切削条件表を 詳細表示

    • No:342
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/20 14:24
    • カテゴリー: SUS
  • EX-GDRにてステンレス加工条件

    本来ステンレスを加工する場合、「EX-SUS-GDR」をご紹介しますが、まずはそのステンレス用ドリルの加工条件を御参考に加工下さい。 詳細表示

    • No:357
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • カテゴリー: SUS
  • チタン材料の加工に適した油剤<耐熱合金>

    切削油剤は工具摩耗や温度に応じた選定が必要です。 ドリルとエンドミルにおいて、比較的高い切削条件では、冷却効果が必要とされるため水溶性切削油が推奨。 タップ加工で切削油剤に求められる性能は潤滑性なので、不水溶性が推奨です。 また、中には油剤と反応して変色するものもございますので、確認が必要です。 詳細表示

    • No:384
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • ステンレス用の超硬ドリル

    はい、ございます。 高い切削条件で使用しても「安定した加工」と「工具の長寿命化」を実現した「ADO-SUSシリーズ」ドリルをお選び下さい。 ▽参考資料: ステンレスとチタン合金に最適「ADO-SUSシリーズ」超硬ドリル 詳細表示

    • No:359
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:41
    • カテゴリー: SUS
  • 特別なステンレス<SUS>

    フェライト系の2種類の性質を持っています。 切削抵抗が高い。切削によって強靭な切りくずが出る為、工具には塑性変形やクレーター摩耗を起こしやすい。 SUS630(17-4PH)、SUS631(17-7PH)、15-5PH等 ステンレスの中では、最もねばさと硬さがある種類。 求められる工具は、耐熱合金用の仕様と条件詳細表示

    • No:341
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 17:08
    • カテゴリー: SUS
  • ステンレスの下穴加工での注意点(タップの耐久)<SUS>

    ます。 ※ステンレスは擦る事によって、分子配列が変わり、加工硬化がおこります。 極端に回転当たりの送り量を落としたり、切削速度を上げ過ぎることで、 擦りやすくなりますのでカタログ条件表を守ってお使いください。 詳細表示

    • No:348
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:55
    • カテゴリー: SUS
  • ステンレスの加工硬化とは?<SUS>

    状態になります。 一度凝縮されると原子の並びは簡単には元通りにはなりません。 仮に形を元に戻しても、凝縮されたままなのです。 切削の場合では刃物と被削材の擦りと言う現象がこの加工硬化を生み出します。 特に切削速度の速い超硬工具では条件を間違えるとあっと言う間に表面が硬化してしまいます。 加工硬化を 詳細表示

    • No:1118
    • 公開日時:2019/03/15 16:49
    • 更新日時:2019/03/15 16:53
    • カテゴリー: SUS
  • 熱可塑性樹脂のドライ加工<樹脂>

    基本的にドライ加工はお奨めいたしません。 アクリルなどはエアブローをお奨めいたします。 また切削油をご使用の際は、油の種類によって被削材と反応してしまうものもございますので、油剤メーカー様と打ち合わせをお願い致します。 詳細表示

    • No:961
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/03/28 14:46
    • カテゴリー: 樹脂

13件中 1 - 10 件を表示