• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 タップ 』 内を 「 管用タップの工具径と配管規格 」 で文章検索した結果

215件中 1 - 10 件を表示

1 / 22ページ
  • 短ねじ管用タップ

    短ねじ型である事を表します。タップのねじ長、基準位置までの長さが一般用と比べると短いタップを言います。 ▽参考資料 : テーパタップの形状 詳細表示

    • No:650
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:32
    • カテゴリー: 管用タップ
  • (英式)管用ねじ 下穴径とタップの工具径は? Rc PT

    管用テーパねじの呼びは、インチでも表現ですが、計算では出せない別の数字です。 穴加工ねじ加工工具 総合カタログ(英式)管用ねじ下穴表 をご参考下さい。 管用テーパねじ(英式)PT Rc 管用平行ねじ(英式) G PF 以上のねじの下穴径とタップ外径を確認する事ができ 詳細表示

    • No:5108
    • 公開日時:2020/01/06 15:00
    • 更新日時:2020/01/06 15:52
    • カテゴリー: 管用ねじ加工
  • アメリカ標準管用ねじ 下穴径とタップの工具径は? NPT NPTF等

    NPTやNPTFは、PTやRとまた別のねじ規格です。 下穴タップの工具外径が異なりますのでご注意ください。 穴加工ねじ加工工具 総合カタログアメリカ標準管用管用ねじ下穴表 アメリカ標準管用ねじ NPT・NPSC ドライシールアメリカ標準管用ねじ NPTF・NPSF 詳細表示

  • IRT 逆ねじれの管用タップ

    切りくずを分断するための弱いねじれ角であり、ストレート溝のTPTと同じ感覚でお使い頂けます。溝の中に切りくずを貯めながら排出します。 詳細表示

    • No:637
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 管用タップ
  • 管用テーパタップの加工手順

    )の工具径は、ユニファイねじのように計算で算出できません。下記リンクより、工具径とピッチをご参照ください。 ▽参考資料:管用ねじの基準寸法とピッチ ※アメリカ標準管用ねじの場合、英式のPT・Rcとは、工具外径が異なります。上記下穴表よりご確認下さい。 上記のタップ工具径と、被削材 詳細表示

    • No:8031
    • 公開日時:2020/09/29 18:17
    • 更新日時:2020/09/30 13:57
    • カテゴリー: 管用ねじ加工
  • 管用テーパタップが加工中に止まる

    管用テーパタップの場合、平行ねじのハンドタップに比べ、切削トルクが2~3倍ある為、機械の出力が足りず止まってしまう場合があります。 対策としては機械トルクを上げる為、カタログ推奨条件範囲で回転数を上げる,またはスレッドミルで加工する事を推奨します。 詳細表示

    • No:8924
    • 公開日時:2021/04/22 07:37
    • 更新日時:2021/04/26 14:19
    • カテゴリー: タップ基礎
  • 管用テーパタップの切削条件計算方法 PT(Rc)

    管用テーパタップの加工に必要な、タップの回転速度(min-1)と送り速度(mm/min)、タップの加工深さ(mm)を求めるには、以下の4つの数字が必要です。 ①タップの工具径 ②ねじのピッチ ③切削速度 ④そのタップの基準位置(そのタップをどれくらいさげるのか) ①工具 詳細表示

    • No:4905
    • 公開日時:2020/01/06 16:29
    • 更新日時:2021/04/30 16:53
    • カテゴリー: タップ切削条件
  • 管用テーパねじタップの加工条件例 PT1/4-19

    m/minとなります。 ※下記リンクからも詳しい計算例をご参照頂けます。 参考FAQ:管用テーパタップの切削条件計算方法 PT(Rc) 詳細表示

    • No:641
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2020/01/29 13:20
    • カテゴリー: 管用ねじ加工
  • 管用テーパタップの加工深さ

    カタログ基準位置の数字を御参考になさってください、25mmとなります。 参考資料 : 管用テーパタップ加工深さ 詳細表示

    • No:642
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:38
    • カテゴリー: 管用ねじ加工
  • 管用テーパタップ TPTはステップ加工が出来るか

    タップでのステップ加工は、ドリルと違い切りくずがタップねじ部に噛みこむ為、 推奨しません。また、管用テーパタップでステップ加工を行う場合、一旦加工点から離れて、再度加工する際に接触する面積が大きく、振れなどの不安定な挙動を起こしやすくなってしまいます。そのため、管用テーパタップの加工はノンステップで加工することを推奨 詳細表示

    • No:8923
    • 公開日時:2021/04/22 07:33
    • カテゴリー: タップ基礎

215件中 1 - 10 件を表示