• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 タップ 』 内を 「 用途に合ったねじゲージを 「 正しく 」 」 で文章検索した結果

123件中 1 - 10 件を表示

1 / 13ページ
  • BSPTねじ用タップ

    JIS管用テーパねじ規格「PT」ねじ用のタップを共有する事が可能です。但し、加工後のゲージ測定は、特殊品にて専用のゲージをご用命下さい。 詳細表示

  • BSPFねじ用タップ

    JIS管用平行ねじ規格「PF」ねじ用のタップを共有する事が可能です。但し、加工後のゲージ測定は、特殊品にて専用のゲージをご用命下さい。 詳細表示

  • SUS用等、用途別のハンドタップには、9P、5P、1.5Pのセットはあるか?

    SUS用などの用途別のハンドタップでは、主に#2(5P)で通り穴用、#(1.5P)で止まり穴用の使い分けをします。 また、用途によっては、食付き長さが上記と異なる場合もございます。 食付き長さのご確認をお願い致します。 FC用 EX-FC-HT:3P、1.5P 難削材用 詳細表示

    • No:8051
    • 公開日時:2020/10/01 16:57
    • 更新日時:2020/10/01 17:05
    • カテゴリー: 一般タップ仕様
  • ねじ口元の倒れ

    フローティングタッパー逆転抜けの際、タッパーの縮んだ分が解放され、口元のねじ山を奥に倒してしまう事で通リ側ゲージが入らなくなる。対策はホルダー圧縮ばねを強くする。シンクロ機能を使用する。 ・タップ縮小 口元 詳細表示

    • No:8217
    • 公開日時:2020/11/04 07:44
    • 更新日時:2021/01/19 14:08
    • カテゴリー: タップ基礎
  • 従来JISと現行JISの工具共有

    切削工具の共有は可能。 但し、ゲージは図面指示通りの精度のゲージを使用します。 ▽参考資料: 管用ねじ用の工具 詳細表示

    • No:649
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:33
    • カテゴリー: 管用タップ
  • ねじレリーフとは

    タップの完全ねじ部は切削時の案内の役目をしているがタップと被削材との摩擦抵抗が上昇し、タップへ溶着やめねじ仕上げ面不良の原因になる為、タップのランド部が刃先から刃裏に欠けてわずかな逃げ加工が行われている状態になります。 レリーフの種類についてはPDF資料によります。 ・参考資料 ねじレリーフ 詳細表示

    • No:7941
    • 公開日時:2020/09/24 09:22
    • 更新日時:2021/04/26 14:15
    • カテゴリー: タップ基礎
  • ウイットねじ下穴径

    下の資料になります。 ・ウイットねじ下穴径 詳細表示

    • No:8185
    • 公開日時:2020/10/30 13:14
    • カテゴリー: タップ基礎
  • PSねじ用タップ短ねじ

    標準品にて「短ねじ用」と表現しているものはございません。 詳細表示

  • Mねじ切削タップ下穴径

    .下の資料になります。 ・メートルねじ切削下穴1 ・メートルねじ切削下穴2 ・メートルねじ切削下穴3 詳細表示

    • No:8169
    • 公開日時:2020/10/28 13:36
    • 更新日時:2021/01/19 15:52
    • カテゴリー: タップ基礎
  • 台形ねじタップ ACT<特殊タップ>

    台形ねじを正確に、かつ、容易にねじ立てし得るタップで、通常、荒ねじ加工後に上げタップ1本でねじを仕上げる場合と数本を1組とした増径タップが使用される場合があります。 こちらは、特殊品として製作となります。 図面指示の中には、2条ねじや3条ねじなどの多条ねじである場合もございます 詳細表示

    • No:4351
    • 公開日時:2019/12/12 10:04
    • 更新日時:2020/09/15 13:26
    • カテゴリー: 種類から

123件中 1 - 10 件を表示